月見草

記事一覧(94)

介護・医療スタッフへのボランティア

昨日は地域の特別養護老人ホームへ仲間とともに、アロマハンドケアボランティアへ行ってきました。いろいろなご縁があり潜入が叶いました!笑実は、こちらの看護師スタッフ3名が、先日開催した「介護・看護・医療者のためのアロマテラピー」講座に参加してくださいました。そのときに、是非うちの施設にもボランティアに!と声をかけていただき、今回実現。平日で月見草アロマハンド部のメンバーはひとりの参加でしたがそれでも一緒に参加してくれたことがとても嬉しかったのです♡ボランティアは長く続けていくことがとても難しいのですが月見草アロマハンド部ではボランティアをする側が楽しい気持ちで無理なく!をモットーに細々と続けて、今年で4年になります。心優しいメンバーは、頼もしい面々。看護師、理学療法士、教師、臨床心理士、介護士、受付嬢♡贅沢なメンバーです。今回は看護師のメンバーと共に行ってきました。あっと言う間で、おしゃべりもはずんで写真があまりないのですが、、、、こちらの施設のスタッフみなさんとても明るくて、とても仲良しだということが伝わってきました。今回は施設の利用者さんではなくスタッフに向けてのボランティア。それは、高齢者を支える介護・医療者に元気になってもらいたいという思いからです。支える側が健康じゃないといいケアが提供できません。アロマハンドケアを受けてくれたこちらの施設の事務長さんが「うちのスタッフは本当にみんな優しくてね!いい人たちばかりなんだ!ただね、スタッフの人数がいつも足りなくて、みんな休み返上で来てもらうこともあってね、大変な思いをさせてしまってね、、、、」そうお話していらっしゃいました。超高齢化社会の日本。4人に1人は65歳以上という現在。介護スタッフ不足!という現象は決して珍しくはないのです。わたしが65歳になる頃には医療、介護保険制度は、体制はどうなっているのだろう。そんなことを改めて考えてしまいます。

親子watsu

おはようございます😃先日は秋山温泉屋外プールで初の親子watsu行ないました。(今回写真撮れませんでした^^; この写真は我が娘です笑)セラピストが2名おりましたのでぷかぁっとお母さん、娘さんに浮かんで頂きました♡事前に、お子さんが水を怖がっているところがあるので大丈夫かなぁとお母さまから聞いていましたので、みんなでプールを歩き、すこしおしゃべりしてからのスタート。今まで10歳前後のお子さんにwatsuをしてもはしゃいでしまってなかなか難しいことがほとんどでしたが今回、ふわふわと水中を漂いながら次第にリラックスし、穏やかな表情へ変化していきました。水への恐怖心もすこし克服されたようでした。その娘さんの姿を見たお母さまがとても喜んでくださいました。watsuで母娘のふんわりした関係を垣間見る体験をさせて頂き、watsuセラピストとしても嬉しく、よい時間をもらえました。watsuセラピストの仲間の情報交換の中で、watsuや水中での運動が心とからだに大きな影響を与えるということは当たり前、という認識ですが今回のこともそれを実感できる体験でした。水は心を映す鏡のようなもの。watsuの効果の現れ方が人により大きく違うのも人それぞれ内面から外側に放出されるものが異なるからなのだと、、、、そんなふうに思います。夏も終わりに近づいています。温かな気温、水温で楽しめるwatsuはあともうすこしの期間(^^)お問い合わせくださいね。ホリスティックケアサロン月見草看護師セラピスト小林裕美tsukimiso2016@gmail.com