聴く力を養おう

藤野支えあう会 というボランティアの団体があります。


「住み慣れた地域や自宅で最後まで自分らしく生きることを支えあいたい」
という想いに共鳴したメンバーで結成されています。


在宅療養されている方のもとへ行き、
お話を聞いたり、その家族のお話しを聞いたりしています。


そしてさらに、在宅療養中の方の主治医やケアマネジャーさんとも連携しています。


そういったボランティアの方と医療者が連携しているって、素晴らしい!!




在宅療養中の方の家に行くということ。

他人が家に入るということ。

そして話をするということ。

それがどれだけ大事なことか。



訪問看護の仕事の中でそれを実感します。


介護者と被介護者が孤立していかない地域との関係性が必要だと切に思うのです。


またまた前置きが長くなりましたが、

そんな素晴らしい団体が主催する
「聴く力を養おう」というテーマの講演会がありました。




レクチャーしてくださったのは
以前ブログでもお話した

藤野在宅緩和ケアクリニックの
石橋了知先生。



藤野支えあう会には、月見草アロマハンド部のメンバーのひとりが所属していることもあり、


その繋がりで、講演会の参加者の方々に、月見草アロマハンド部のハンドマッサージを受けてもらおう!


という提案をさせて頂きました。


顔を向き合わせてタッチしていくアロマハンドマッサージは、

ときに話を引き出しやすくし、信頼関係を築きやすくするツールになるということを、

わたしもアロマハンド部のメンバーも

実感しているからです。



当日は、少人数でアットホームにやるのかとおもいきや、、、、


20人ほどは集まっていたような、、、!!


テンパって写真がありません笑



石橋先生のお話しと、
参加者同士でのディスカッション


仕事で、日常生活で、、、
とてもためになるものでした。




そのあと、月見草アロマハンド部のメンバーによる


アロマハンドマッサージをたくさんの方に受けて頂きました。


はじめてお話する方とも繋がれて、


お仕事について、生活についてなど
楽しく聴いたり、聴いてもらったり。


とても有意義な時間を過ごさせて頂きました。


「あたしも月見草アロマハンド部に入れるのかしら?」と言ってくださる方も何人もいらして!


なんと石橋先生も「これ、僕におしえてくれないかな」なんて言ってもらえて!笑


ああ、嬉しい、、、、




よし、アロマハンド講座、
気合い入れ直し
テキストと伝え方の見直し!!

どんなことを伝えたいか、
もう一度整理し直して、、、、

リニューアルいたしますね。


今しばらくお待ちくださいませ!


写真は最年少19歳女子の練習風景!
42歳女子も負けてはいられません!笑

月見草

病院やクリニックでの勤務を経て補完代替療法/ホリスティック医療としての水中療法や運動療法、アロマセラピーに興味をもちはじめるように。個々のステージや生活習慣、健康観にあわせた ケアの方法を提案できたらと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000