繋がるアロマハンドボランティア


月見草アロマハンド部の主な活動は、


3〜4か月に一度の


地域の宅老所、すずかけの家での
アロマハンドケアです。


本日もメンバーのみんなと行ってきました。

こちらにお邪魔させて頂くようになってから、2年は経過したかな?


長い経過の利用者さん、
スタッフさんとも馴染んできて、


○○さんは前回、香りが嫌だと言ってたね、 
○○さんは、アロマハンドケア大好きだったよね、


スタッフさんからも
○○さんは今こんな調子で、、、、
という情報交換もスムーズです。



こうして楽しく和気あいあいと、
まるで遊びに行くような感覚で行けることを本当に嬉しく思います。




わたしが月見草アロマハンド部を作って、ボランティアがしたい!!


と思い描いた形。


それはボランティアする側が楽しい気持ちで、無理のない範囲で行えること!!  


メンバーのみんなは
お仕事をしながら参加してくれています。


3〜4か月に一度、
この日に行ける人ー!!


の声かけで、

はーい!行く行く!

と喜んで来てくれる人がいつも
3、4人は集まってくれます。



こちらは以前のボランティアのときの写真ですが
介護スタッフの方にも必ず
アロマハンドケアを受けて頂きます。



介護スタッフにもほっこりして
ほしいから^_^



これもわたしが思い描いた形。



今ではなんと、月見草アロマハンド部には


こちらのすずかけの家のスタッフが続々と入部しています!!笑



今や4人のすずかけスタッフが部員になってくれています。

なのでボランティアの日程の調整などもスムーズになりました!

感謝^_^



そしてボランティアに使うオイル、精油などの活動費用は、
メンバーがイベントなどに出店し、


ワンコインでお客様にアロマハンドケアを受けて頂いて
稼いでいます。


みなさん、本職ではないのですが笑

生き生きした表情!!

こうしてオイルのお金もバッチリ稼いで(笑)

ボランティアに臨みます♡



笑顔が循環する、思い描いていた
ボランティアの形が♡




メンバーは今や10名以上となりました。


介護職や医療従事者、
臨床心理士、教員などもいて


なにより嬉しいのは


メンバーの方が各職場などで
アロマハンドケアを行なって、
「すごく喜んでもらえたよ!!」


「笑わない人が笑ってくれた!」


「いつも怒ってる認知症の人にするとすごく落ち着くの」


などという報告が聞けることです。



アロマハンドケアを通して
そんな繋がりを大切にしていきたいですね。



さらに今年は欲張って、、、、


今年の月見草アロマハンド部には


子供部員を増員することが

目標です♡   お楽しみに♫




小規模多機能型宅老所
すずかけの家

月見草アロマハンド部活動の記事はこちら

月見草

病院やクリニックでの勤務を経て補完代替療法/ホリスティック医療としての水中療法や運動療法、アロマセラピーに興味をもちはじめるように。個々のステージや生活習慣、健康観にあわせた ケアの方法を提案できたらと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000