水中リハビリテーションとしてのwatsu

すでに、fbの記事には載せているのですが、改めてブログに。


7月の初めにwatsu研修のお手伝いへ行きました。


この研修は、韓国より数年前から毎年、理学療法士の学生さんたちがこちらに学びにやって来ている研修。




今年やっとお手伝いに行けました。


韓国の理学療法士の学校では
水中実習カリキュラムが必須とのこと。


毎回この研修のための渡航費は
国から助成金まで出るそうで


それを聞いて、そのお隣の日本はまだまだ遅れてるのだと思いました。


今回の水中実習カリキュラムには
watsuのほかにアクアロジックというプログラムもあり、
筋弛緩、筋収縮の、リハビリテーションには必要な要素が組み込まれています。


水中リハビリテーションがいかに効果的か医療者にもっともっと知ってほしいなと思います。


それにしても、学生さんはぴちぴちで笑子供のようでとてもかわいらしくて♡


もう少し韓国語を勉強して行けばよかった〜


watsuの動きも伝えたいことが伝えられなくてむずむずでした。


日本も早く、
リハビリテーションを担う理学療法士が水中の素晴らしさを知り、


水中カリキュラムが必須!!の日が来たら、、、、いいなぁと思います。

月見草

病院やクリニックでの勤務を経て補完代替療法/ホリスティック医療としての水中療法や運動療法、アロマセラピーに興味をもちはじめるように。個々のステージや生活習慣、健康観にあわせた ケアの方法を提案できたらと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000